お葬式のマナー・ワンポイント

香典の渡し方

香典は通夜か告別式に持参する

香典袋にはフルネームを書き、そして金額と住所も忘れずに。また表書きは故人の宗教に合わせます。

香典を連名で包む場合

順番は目上の人が右で、表書きに書く名前は3人までとします。4人以上の場合は「○○課一同」などと書き全員の名前を書いた紙を同封します。

香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参します。

自分の名前を相手に側に向けて
名刺を渡す時は左下角を折る

【ワンポイント】

仏式では亡くなって四十九日までが「御霊前」、四十九日法要から「御仏前」です。

仏式では「御霊前」「御香典」。
神式 では「御玉串料」「御神饌料」。
キリスト教のカトリックでは「御ミサ料」 プロテスタントでは「御花料」。
宗教が分からない場合は共通して使える「御霊前」が良いでしょう。

数珠の扱い方

数珠は仏式の礼拝に用いられます。
一般会葬者は特に持つ必要はありません。
宗派により種類や用い方が少しずつ違いますが、会葬者は自分の宗派の使い方をしてもかまいません。


「亡くなられた方が主人公」の葬儀をお手伝いさせていただきます。

まずはお電話ください

0120-756-206

24時間365日受付

団欒のお葬式プラン