喪主・親族の服装

遺族は通夜が始まるまでは、平服(普段の服装)でかまいませんが、通夜では喪服を着ます。
※喪服が間に合わない場合は、貸衣装店や葬儀社でレンタルしている場合も多いので、相談することもできます。

喪主・親族の服装(男性)

和装、洋装(モーニング)が正装ですが、現在は洋装(ブラックスーツ)の方がほとんどです。
ブラックスーツはダブル・シングルのどちらでもかまいません。

喪主・親族の服装(女性)

喪主になられる方は、着物を着るかどうか、悩まれる場合も多いと思いますが、最近では減ってきています。
洋装の場合は、黒無地のワンピース、スーツ、夏ならブラウスでもかまいません
但し、透けた素材やノースリーブ、襟の大きく開いたデザインなどは避けましょう。

タブー

通夜や葬儀の服装は、故人の死をいたむ気持ちを表すものですので、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避けたいものです。



「亡くなられた方が主人公」の葬儀をお手伝いさせていただきます。

まずはお電話ください

0120-756-206

24時間365日受付

団欒のお葬式プラン